So-net無料ブログ作成


コープかながわ 期限切れ“カツ重”を販売 [国内ニュース]

コープかながわ 期限切れ“カツ重”を販売


神奈川県の生活協同組合「コープかながわ」ハーモス荏田店で、売れ残った消費期限切れの肉が冷凍保存され、カツ重などに調理・販売されていたことがわかった。

保健所によると、先月24日、客から「カツ重がすっぱい」と店に苦情があった。
その後の調査で、店は、3月末に売れ残った330枚のロースカツ用の生肉を冷凍保存し、そのうち約250枚をカツ重などに調理・販売していたことがわかった。

店側は、保健所に報告した際、冷凍していた事実を隠していたという。

コープの広報によると、店の担当者は「330枚も捨てるのはもったいなかった」と話している。
保健所は、食品衛生法違反の可能性もあるとして調査している。
(日テレニュースより)


もったいないからと消費期限切れの食品を売られたら困ります!
しかも冷凍保存していた事を隠していたなんて なんとも身勝手な隠ぺい

この様なニュースが次々と発覚し 食の安全意識が高まっているというのに・・・
発覚していないだけで こんな風に「大丈夫だろう」的考えで売り出してるお店はまだまだあるんじゃないかと考えてしまいます



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。